menu
menu

キーワード検索

 

3月更新・前月(2月)の人気記事トップ10 - 03/02/2020

  1. ( 1 - ) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  2. ( 2 - ) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  3. ( 3 - ) 【iPhone・iPad】iPhoneのメモリを簡単に解放する方法
  4. ( 8 ↑) 【jQuery】入門2. jQueryをHTMLに組み込む
  5. ( 6 ↑) 【Mac】Safariでソースコードを見る方法
  6. ( 5 ↓) 【制作Tips】iPhone画面解像度まとめ
  7. ( 4 ↓) 【Mac】Finderにフォルダのフルパスを表示させる方法
  8. ( 7 ↓) 【Mac】外付けメディアが取り外せなくなったらSpotlightの除外項目を設定してみる
  9. ( 10 ↑) 【iPhone・iPad】投稿の準備中にエラーが起きました。後でやり直してください。
  10. ( 9 ↓) 【制作Tips】画面解像度一覧表
このエントリーをはてなブックマークに追加

【jQuery】maxlength属性とjQueryでtextareaの入力文字数を制限する

【jQuery】maxlength属性とjQueryでtextareaの入力文字数を制限する

こんにちは(・∀・)

今回はHTML5のmaxlength属性とjQueryを使ってtextareaの入力文字数を制限をしてみたいと思います。

入力制限はmaxlengthだけで済むのですが、それプラスjQueryで入力文字数をカウントして今何文字入力しているのかわかるように表示します。

入力制限文字数の近くで数字の色も変更してみます。

残り数のカウント部分はSafari未対応です。

textareaの入力文字数を制限

jQueryで入力文字数をカウントして、maxlengthで入力文字数を制限する。

HTML

<p>10文字まで入力できます。<span id="txtlmt">0</span></p>
<textarea class="demo" maxlength="10" ></textarea>
JavaScript

$(function () {
  $("textarea").keyup(function(){
    var txtcount = $(this).val().length;
    $("#txtlmt").text(txtcount);
    if(txtcount == 0){
      $("#txtlmt").text("0");
    } 
    if(txtcount >= 7){
      $("#txtlmt").css("color","#d577ab");
    } else {
      $("#txtlmt").css("color","#333");
    }
  });
});
Result

10文字まで入力できます。0


関連リンク

textarea要素【HTMLリファレンス】

  • jQuery maxlength属性 textarea
このエントリーをはてなブックマークに追加