menu
menu

キーワード検索

 

前月(12月)の人気記事トップ10

  1. ( 1-) 【CSS Tips】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 5↑) 【iPhone・iPad】投稿の準備中にエラーが起きました。後でやり直してください。
  3. ( 3-) 【HTML5】スマホサイトの作成・基本編
  4. ( 2↓) 【CSS Tips】CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  5. ( 4↓)【jQuery入門】jQueryで日時を表示
  6. ( 6-) 【Mac Tips】MacにInkscapeをインストール
  7. ( 7-) 【jQuery】表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  8. ( -↑) 【Mac】iMovieの保存場所を変更する
  9. (10↑) 【CSS Tips】CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  10. ( 8↓) 【MySQL】Windows 10にMySQLをインストール

【jQuery】JavaScriptをレスポンシブデザインに対応させる方法

  • Labs

【jQuery】JavaScriptをレスポンシブデザインに対応させる方法

こんにちは(・∀・)

今日はJavaScriptをレスポンシブデザインに対応させる方法をご紹介します。

Contents

  1. JavaScriptをレスポンシブデザインに対応
  2. Windowサイズで振り分ける
  3. 要素の有無で判別

JavaScriptをレスポンシブデザインに対応

レスポンシブデザインのサイトでスマホ向けとPC向けでJavaScriptを使い分けたい場合は多くあると思います。

スマホ向けのページにはJavaScriptを使いたいけどPC向けのページではJavaScriptは必要ない、逆の場合もあれば、またはそれぞれ別のスクリプトを使用したいこともあります。

Windowサイズで振り分ける

Windowサイズで振り分ける方法です。

サンプル
JavaScript

<script>
$(function(){
if($(window).width() < 769){
//forスマホ
}else{
//forPC
}
});
</script>

画面サイズで振り分けることができます。

 

要素の有無で判別

画面に表示されている要素の有無で振り分ける方法です。

サイトに表示させるグローバルナビやボタンなどはスマホサイトとPCサイトで変えていることは多いと思います。

例えばスマホサイトではハンバーガーボタンを使いますが、PCサイトでは別の方法でボタンを表示するなど。

それら要素の表示非表示を利用します。

サンプル

.is(':visible')または.is(':hidden')で要素の表示非表示を判別します。

CSS

<style>
#hoge {
  display: none;
}
@media (min-width: 769px) {
#hoge {
  display: block;
}
/* ** */}
</style>
JavaScript

<script>
$(function() {
$(window).on('load resize', function(){
if($('#hoge').is(': hidden')){
//forスマホ
} else {
//forPC
}
});
});
</script>

目印となる要素がdisplay:noneなのかdisplay:blockなのかで判別して振り分けます。

 


参考

javascript(jQuery)でメディアクエリを判定する方法(IE9対応)

  • カテゴリー:Labs