menu
menu

キーワード検索

 

前月(3月)の人気記事トップ10

  1. ( 1 - ) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 6 ↑) 【CSS】CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  3. (10 ↑) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  4. ( 2 ↓) 【iPhone・iPad】投稿の準備中にエラーが起きました。後でやり直してください。
  5. ( 3 ↓) 【HTML5】スマホサイトの作成・基本編
  6. ( 5 ↓) 【CSS】CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  7. ( - ↑) 【決定版】レスポンシブデザインのブレークポイントはこれで決まり❗
  8. ( 9 ↑) 【jQuery】表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  9. ( 7 ↓) 【Mac】iMovieの保存場所を変更する
  10. ( - ↑) 【Mac】MacにInkscapeをインストール
このエントリーをはてなブックマークに追加

【Mac】iMovieのライブラリをプロジェクトごとに保存する

  • Mac

【Mac】iMovieのライブラリをプロジェクトごとに保存する

こんにちは(・∀・)

以前【Mac】iMovieのプロジェクトを個別に保存するという投稿でプロジェクトごとにフォルダーを保存する方法をご紹介しました。

iMovieのプロジェクトを個別に保存する

「iMovie ライブラリ.imovielibrary」を右クリックで開いて「パッケージの内容を表示」をクリック、その中にあるフォルダーを保存する、という方法をご紹介しました。

 

しかしその方法だと元データの保存ができるというだけで再編集まではできません。

xmlファイルを編集すれば再編集できるかもですが、それは手間です。

 

元データの保存なんて意味ありませんよね。

普通は動画を再編集したいときのためするバックアップなのです。

元データは通常は保管されているはず...

では、動画を再度編集できるような保存方法はどうすればいいのか⁉️

 

一プロジェクト毎に「iMovie ライブラリ.imovielibrary」を丸ごとバックアップすればプロジェクトの再編集ができるようになります。

 

iMovieはバックアップを考えないで作業していくと、一つの「iMovie ライブラリ.imovielibrary」内にプロジェクトが溜まっていきます。

【Mac】iMovieのライブラリをプロジェクトごとに保存する

ですが、

その方法だとプロジェクトを個別に保存することができません。

なのでプロジェクト毎にライブラリ「xxx.imovielibrary」を作っていきます。

 

ではやり方です。

最初に「iMovie ライブラリ.imovielibrary」をコピーして「mov1.imovielibrary」を作ります。

【Mac】iMovieのライブラリをプロジェクトごとに保存する

ファイル名だけが違う中身が同じライブラリができました。

次にiMovieを立ち上げます。

【Mac】iMovieのライブラリをプロジェクトごとに保存する

「iMovie ライブラリ.imovielibrary」のプロジェクトが表示されました。

 

メニューバーのファイル → ライブラリを開く → その他をクリック。

【Mac】iMovieのライブラリをプロジェクトごとに保存する

「場所を確認」をクリック。

【Mac】iMovieのライブラリをプロジェクトごとに保存する

先程コピーして作った「mov1」を選択して「開く」をクリック。

【Mac】iMovieのライブラリをプロジェクトごとに保存する

これは新たに「xxx.imovielibrary」を作るとか、バックアップしたある外部メディアから読み込むたびに実行する必要があります。

 

「iMovie ライブラリ」の部分をクリック。

【Mac】iMovieのライブラリをプロジェクトごとに保存する

「mov1」を選択。

【Mac】iMovieのライブラリをプロジェクトごとに保存する

コピーした「iMovie ライブラリ.imovielibrary」と同じプロジェクトが「mov1」でも表示されました。

【Mac】iMovieのライブラリをプロジェクトごとに保存する

「mov1」で保存するプロジェクト以外は削除します。

【Mac】iMovieのライブラリをプロジェクトごとに保存する

「mov1」のプロジェクトが一つになりましt。

【Mac】iMovieのライブラリをプロジェクトごとに保存する

「iMovie ライブラリ.imovielibrary」に戻るとプロジェクトは全部残っています。

【Mac】iMovieのライブラリをプロジェクトごとに保存する

こんな感じで一つの「xxx.imovielibrary」にプロジェクトを一つという感じでバックアップをとって外部メディアに保存すればMac本体のSSDの容量は圧迫しなくてすみます。

 

ちなみにプロジェクトのショートカットからプロジェクトのコピーができます。

が、

別のライブラリに保存したくとも「mov1.imovielibrary」しか作っていないので「mov1」しか表示されません。

【Mac】iMovieのライブラリをプロジェクトごとに保存する

ライブラリにコピーする前に「xxx.imovielibrary」を最初に作っておく必要があります。


いかがでしたでしょうか、この方法だとSDカードなどに保存したプロジェクトを再度Macに保存してライブラリをiMovieに認識させれば再編集が可能です。

SSDの容量が少ない方、iMovieのプロジェクトはかなりの容量を喰うので試してみる価値大です。

バックアップにバックアップと言うのも何か変ですが、最初は必ずデータをバックアップして再編集ができるか試してから削除などの実行を試みてください。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
関連リンク

【Mac】iMovieのプロジェクトを個別に保存する
【Mac】iMovieの保存場所を変更する

  • カテゴリー:Mac
このエントリーをはてなブックマークに追加