menu
menu

キーワード検索

 

12月更新・前月(11月)の人気記事トップ10 - 12/02/2019

  1. ( 1 - ) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  2. ( 5 ↑) 【Mac】Finderにフォルダのフルパスを表示させる方法
  3. ( 2 ↓) 【iPhone・iPad】iPhoneのメモリを簡単に解放する方法
  4. ( 3 ↓) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  5. (圏外↑) 【iPhone・iPad】投稿の準備中にエラーが起きました。後でやり直してください。
  6. ( 4 ↓) 【Mac】外付けメディアが取り外せなくなったらSpotlightの除外項目を設定してみる
  7. (圏外↑) 【Google】Googleアカウントのメールアドレスを変更する方法
  8. (圏外↑) 【Mac】MacにGoogle Driveをインストール
  9. (圏外↑) 【Suica】iPhoneでSuicaをクレジットカード無しで使う方法
  10. ( 7 ↓) 【jQuery】入門2. jQueryをHTMLに組み込む
このエントリーをはてなブックマークに追加

【Mac】iMovieの保存場所を変更する

【Mac】iMovieの保存場所を変更する

こんにちは(・∀・)

昨日このMacBook Proで初めて動画の編集をしました。今まで使っていたWindowsのMovie Makerよりも書き出しが早くてびっくりしました。

その動画の編集ですが、使用したアプリケーションはMacプリインストールのiMovieです。しかし動画の編集といえば大容量データの保存先が問題です。

少ない容量(128GB)のMacBook ProのSSDに負担をかけないようにしなくてはいけません。

ということで、今日はiMovieの保存先を変更してみたいと思います。

* iMovieのデータ保存方法についてはこちらの【Mac】iMovieのライブラリをプロジェクトごとに保存するをご覧ください。2018/04/03

iMovieの保存先

iMovieの保存先はデフォルトだと当然Mac本体にあります。

しかし、動画のような容量が大きくなりがちなファイルの保存先がMac本体だとあっと言う間にSSDが満杯になってしまいます。

そこでそれらファイルの保存先を内部SSDから何かしらの外部デバイスへと変更して、内部SSDの負担を減らすと言う作戦が今回のiMovieの保存先の移動です。

iMovie ライブラリ.imovielibrary

やり方は簡単です。

ファインダーを開いて、メニューバーの移動 → ホーム → ムービーへ移動します。

すると次の「iMovie ライブラリ.imovielibrary」というファイルが見つかると思います。

【Mac】iMovieの保存場所を変更する

それをコピーして保存先にしたい場所へペーストします。ここでは外部メディアのTranscendの中に作った_Movie_というフォルダを保存先にしました。

【Mac】iMovieの保存場所を変更する

次にiMovieを立ち上げます。メニューバーのファイル → ライブラリを開く → その他をクリック。

【Mac】iMovieの保存場所を変更する

新しい保存先を選んで選択をクリックしてください。

【Mac】iMovieの保存場所を変更する

再度ファインダーを開いてメニューバーの移動 → ホーム → ムービーへ移動します。

先程コピーした、元の「iMovie ライブラリ.imovielibrary」というファイルを削除します。

【Mac】iMovieの保存場所を変更する

ムービーフォルダ内に残ったファイルは「iMovie Theater.theater」と「Motion Templates」いうフォルダだけになりました。

【Mac】iMovieの保存場所を変更する


以上でiMovieの保存先フォルダの移動は終了です。いかがでしたでしょうか、とても簡単でしたね。ちなみに元の「ムービー」フォルダの「iMovie ライブラリ.imovielibrary」と一緒にあった「iMovie Theater.theater」ファイルは移動できないようです。試しにコピーして削除してもiMovieを立ち上げる度にファイルが作成されてしまいます。

関連リンク

【Mac】iMovieのライブラリをプロジェクトごとに保存する
【Mac】iMovieのプロジェクトを個別に保存する

  • iMovie Mac
このエントリーをはてなブックマークに追加