menu
menu

キーワード検索

 

前月(9月)の人気記事トップ10

  1. ( 1 - ) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 3 ↑) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  3. ( 2 ↓) 【jQuery】jQueryでドロップダウンメニュー
  4. ( 9 ↑) 【CSS】スマホ対応CSSだけでドロップダウンメニュー
  5. ( 7 ↑) 【PHP】PHPでシンプルなメールフォーム
  6. ( 5 ↓) 【CSS】レスポンシブデザインのブレークポイントは⁉
  7. ( 4 ↓) 【CSS】CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  8. (10 ↑) 【iPhone・iPad】投稿の準備中にエラーが起きました。後でやり直してください。
  9. ( 9 - ) 【CSS】CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  10. ( - ↑) 【iPhone・iPad】iPhoneのメモリを簡単に解放する方法
このエントリーをはてなブックマークに追加

DOCTYPE宣言文【HTMLリファレンス】

DOCTYPE宣言文【HTMLリファレンス】

概要

DOCTYPE宣言とは、HTMLのバージョンやDTDについて宣言することです。W3C(HTMLの規格を制定する機関)ではすべてのHTML文書にDOCTYPE宣言文を記述するよう勧告しています。HTML 4.01以降、使用するDTDを宣言する必要があるためDOCTYPE宣言文は必須となります。以下HTML、XHTMLのDOCTYPE宣言文の記述例です。なお、XHTMLではDOCTYPE宣言文の前にXML宣言を記入する必要があります(文字コードがutf-8の場合省略可)。また、HTMLとXHTMLではhtml要素のlang属性の書き方が異なります。

HTML5

HTML5以前はW3C(HTMLの規格を制定する機関)のもと、DOCTYPE宣言文でHTMLのバージョンやDTDについて宣言することが必須でしたが、HTML5ではDTDはなくなり、また、情報も仕様書に直接記載されているのでDOCTYPE宣言文でDTDを示す必要がなくなりました。HTML5でもDOCTYPE宣言文は必須ですが、ブラウザの表示モードを「標準モード」にするだけの目的で使用されます。

HTML5のDOCTYPE宣言文

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>タイトル</title>
</head>
<body>本文</body>
</html>

HTML4.01 Transitional DTD URI無し(互換モード)

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html lang="ja">
<head>
<title>タイトル</title>
</head>
<body>本文</body>
</html>
HTML4.01 Transitional DTD URI有り(標準モード)

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html lang="ja">
<head>
<title>タイトル</title>
</head>
<body>本文</body>
</html>
HTML4.01 Strict DTD URI無し(標準モード)

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN">
<html lang="ja">
<head>
<title>タイトル</title>
</head>
<body>本文</body>
</html>
HTML4.01 Strict DTD URI有り(標準モード)

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
<html lang="ja">
<head>
<title>タイトル</title>
</head>
<body>本文</body>
</html>
HTML4.01 Frameset DTD URI無し

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN">
<html lang="ja">
<head>
<title>タイトル</title>
</head>
<frameset rows="150,*">
<frame src="top.html">
<frameset cols="300,*,300">
<frame src="left.html">
<frame src="main.html">
<frame src="right.html">
</frameset>
<noframes>
<body>
<p>フレーム対応ブラウザでご利用になれます。</p>
</body>
</noframes>
</frameset>
</html>
HTML4.01 Frameset DTD URI有り

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">
<html lang="ja">
<head>
<title>タイトル</title>
</head>
<frameset rows="150,*">
<frame src="top.html">
<frameset cols="300,*,300">
<frame src="left.html">
<frame src="main.html">
<frame src="right.html">
</frameset>
<noframes>
<body>
<p>フレーム対応ブラウザでご利用になれます。</p>
</body>
</noframes>
</frameset>
</html>
XHTML1.0 Transitional DTD

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
<title>タイトル</title>
</head>
<body>本文</body>
</html>
XHTML1.0 Strict DTD

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
<title>タイトル</title>
</head>
<body>本文</body>
</html>
XHTML1.0 Frameset DTD

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-frameset.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
<title>タイトル</title>
</head>
<frameset rows="150,*">
<frame src="top.html" />
<frameset cols="300,*,300">
<frame src="left.html" />
<frame src="main.html" />
<frame src="right.html" />
</frameset>
<noframes>
<body>
<p>フレーム対応ブラウザでご利用になれます。</p>
</body>
</noframes>
</frameset>
</html>
XHTML Basic 携帯端末向け

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML Basic 1.1//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml-basic/xhtml-basic11.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja">
<head>
<title>タイトル</title>
</head>
<body>本文</body>
</html>
XHTML Mobile Profile1.0 DTD 携帯端末向け

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//WAPFORUM//DTD XHTML Mobile 1.0//EN" "http://www.wapforum.org/DTD/xhtml-mobile10.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="application/xhtml+xml; charset=Shift_JIS" />
<title>タイトル</title>
</head>
<body>本文</body>
</html>
XHTML1.1 Strict DTD

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.1//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml11/DTD/xhtml11.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja">
<head>
<title>タイトル</title>
</head>
<body>本文</body>
</html>
XHTML Appendix1 PHPファイルでXML宣言をする場合

<?php echo '<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>'."\n" ?>

関連リンク

HTMLリファレンス

  • DOCTYPE宣言文 HTML HTML5
このエントリーをはてなブックマークに追加