menu
menu

キーワード検索

 

9月更新・前月(8月)の人気記事トップ10 - 9/2/2019

  1. ( 1 - ) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2 - ) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  3. (圏外↑) 【2019年度決定版】レスポンシブデザインのブレークポイントはこれで決まり❗️
  4. ( 3 ↓) 【jQuery】jQueryでドロップダウンメニュー
  5. ( 4 ↓) 【iPhone・iPad】iPhoneのメモリを簡単に解放する方法
  6. ( 7 ↑) 【Mac】Finderにフォルダのフルパスを表示させる方法
  7. ( 5 ↓) 【CSS】スマホ対応CSSだけでドロップダウンメニュー
  8. ( 6 ↓) 【Mac】Safariでソースコードを見る方法
  9. ( 8 ↓) 【制作Tips】画面解像度一覧表
  10. (圏外↑) 【jQuery】入門2. jQueryをHTMLに組み込む
このエントリーをはてなブックマークに追加

HTML・XML構文【HTMLリファレンス】

HTMLとは【HTMLリファレンス】

HTMLとは

HTMLとは「Hyper Text Markup Language」の略でWebページを記述するマークアップ言語のことをいいます。W3C(World Wide Web Consortium)が作成している規格で、現在主流のHTML5はその5番目のバージョンです。2008年1月22日にドラフト(草案)が発表され、2014年10月28日に勧告されました。2016年にはHTML5.1が勧告される予定です。

HTML・XML構文

HTML5では「HTML構文」「XML構文」の2種類が定義されていますので、「HTML」「XHTML」のどちらとしても記述することができます。

「HTML」で記述した際のMIMEタイプは「text/html」として配信されますが、「XHTML」で記述された場合のMIMEタイプは「application/xhtml+xml」で配信されます。また、html要素には名前空間として「http://www.w3.org/1999/xhtml」を付ける必要がありますのでご注意ください。

しかし、現在多数のシェアを有するIEでは、バージョンが9になってやっと「application/xhtml+xml」のMIMEタイプに対応するようになりましたが、それ以前のバージョンでは対応していないので実質「XHTML」を利用することができないのが現状です。

サンプルコード(HTML5)

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>HTML5</title>
</head>
<body>
<p>HTML5サンプル</p>
</body>
</html>
サンプルコード(XHTML5)

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<title>XHTML</title>
</head>
<body>
<p>XHTMLサンプル</p>
</body>
</html>
  • HTML HTML5 XHTML XML
このエントリーをはてなブックマークに追加