menu
menu

キーワード検索

 

前月(7月)の人気記事トップ10

  1. ( 1 - ) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2 - ) 【jQuery】jQueryでドロップダウンメニュー
  3. ( 3 - ) 【CSS】CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  4. ( 4 - ) 【CSS】レスポンシブデザインのブレークポイントは⁉
  5. ( 5 - ) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  6. ( 6 - ) 【CSS】スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション
  7. ( 7 - ) 【jQuery】表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  8. ( 9 ↑) 【PHP】PHPでシンプルなメールフォーム
  9. ( 8 ↓) 【CSS】CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  10. ( - ↑) 【Mac】MacにGoogle Driveをインストール
このエントリーをはてなブックマークに追加

header【HTML5リファレンス】

header

こんにちは(・∀・)

HTML5で新しく追加された要素をご紹介します。今回ご紹介するHTML要素はheaderです。

概要

header要素は文書全体、またはセクションのヘッダ部分をグループ化するための要素です。一般的にヘッダは文書やセクションの見出し的な役割を与えられますが必要がなければ配置しなくてもかまいません。

汎用属性

id、class、lang、title、style、dir、tabindex、accesskey、contenteditable、spellcheck、draggable、contextmenu、hiddenの各属性を指定することができます。(汎用属性について)

カテゴリー

フロー・コンテンツ (カテゴリーについて)

要素の配置

フロー・コンテンツが配置できる場所

要素の内容

フロー・コンテンツ header要素・footer要素は入れられません

HTML

<header>
<p>ページヘッダ</p>
</header>
<section>
<header>
<p>コンテントヘッダ</p>
</header>
<p>コンテント本文</p>
</section>
  • HTML5
このエントリーをはてなブックマークに追加