menu
menu

キーワード検索

 

前月(10月)の人気記事トップ10

  1. ( 1-) 【CSS Tips】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2-) 【CSS Tips】CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  3. ( 3-) 【HTML5】スマホサイトの作成・基本編
  4. ( 7↑) 【HTML5】HTML5・ページ作成の基本
  5. ( 6↑)【jQuery入門】jQueryで日時を表示
  6. ( 5↓) 【jQuery】表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  7. ( 4↓) 【CSS Tips】CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  8. ( 8-) 【Mac Tips】MacにInkscapeをインストール
  9. ( 9-) 【MySQL】Windows 10にMySQLをインストール
  10. (10-) 【CSS Tips】スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション

th要素【HTMLリファレンス】

  • HTML

th要素

こんにちは(・∀・)

HTMLの要素をご紹介します。今回ご紹介するHTML要素はthです。

概要

th要素はテーブル(表)の行や列の見出しを表示する要素です。td要素の代わりにth要素を使用するとそのセルが見出しとなります。文字列は太字になりセンターに表示されます。

汎用属性

id、class、lang、title、style、dir、tabindex、accesskey、contenteditable、spellcheck、draggable、contextmenu、hiddenの各属性を指定することができます。(汎用属性について)

カテゴリー

なし (カテゴリーについて)

要素の配置

tr要素の子要素

要素の内容

フレージング・コンテンツ

属性名 解説
colspan 横方向のセルの連結数を指定。
colspan="セル数"
rowspan 縦方向のセルの連結数を指定。
rowspan="セル数"
headers 見出しとなっているth要素のid属性の値を指定します。半角スペースで区切って複数指定することができます。
headers="見出しセルのid"
scope 見出しセルの範囲を指定します。値には次の4種類があります。
scope="row"
scope="col"
scope="rowgroup"
scope="colgroup"
サンプル
HTML

<table>
<tr>
<th>見出し</th>
<th>見出し</th>
</tr>
<tr>
<td>内容</td>
<td>内容</td>
</tr>
</table>
Result
見出し 見出し
内容 内容

*サンプルはCSSでボーダーを引いています。


関連リンク

HTMLリファレンス

  • カテゴリー:HTML