menu
menu

キーワード検索

 

11月更新・前月(10月)の人気記事トップ10 - 11/10/2019

  1. ( 2 ↑) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  2. ( 6 ↑) 【iPhone・iPad】iPhoneのメモリを簡単に解放する方法
  3. ( 1 ↓) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  4. (圏外↑) 【Mac】外付けメディアが取り外せなくなったらSpotlightの除外項目を設定してみる
  5. ( 5 - ) 【Mac】Finderにフォルダのフルパスを表示させる方法
  6. ( 7 ↑) 【Mac】Safariでソースコードを見る方法
  7. ( 10 ↑) 【jQuery】入門2. jQueryをHTMLに組み込む
  8. (圏外↑) 【Mac】iMovieの保存場所を変更する
  9. ( 4 ↓) 【制作Tips】iPhone画面解像度まとめ
  10. ( 8 ↓) 【制作Tips】画面解像度一覧表
このエントリーをはてなブックマークに追加

【JavaScript】JavaScriptで前のページに戻るボタン

【JavaScript】JavaScriptで前のページに戻るボタン

こんにちは(・∀・)

Webブラウザには必ず付いているもどるボタンですが、コンテンツ上にもボタンを付けたい場合があります。そういう時はJavaScriptのhistory.back()で簡単に実現することができます。

今までどういう訳かご紹介していなかったので(こういうの結構多いです(;'∀'))、今さらですがご紹介したいと思います。

Contents

  1. history.back()
  2. history.go(-1)
  3. history.go(1)
  4. history.forward(1)
  5. Result
1. history.back()
HTML
<a href="javascript: history.back()">demo1a</a><a href="javascript:void(0)" onclick="history.back(); return false">demo1b</a><button onclick="history.back()">demo1c</button><button id="demo1d">demo1d</button>
ボタン④のJavaScript

<script>
document.getElementById('demo1d').addEventListener('click',function(){
history.back();
},false);
</script>
2. history.go(-1)
HTML
<a href="javascript: history.go(-1)">demo2a</a><a href="javascript:void(0)" onclick="history.go(-1); return false">demo2b</a><button onclick="history.go(-1)">demo2c</button><button id="demo2d">demo2d</button>
ボタン④のJavaScript

<script>
document.getElementById('demo2d').addEventListener('click',function(){
history.go(-1);
},false);
</script>
3. history.go(1)
HTML
<a href="javascript: history.go(1)">demo3a</a><a href="javascript:void(0)" onclick="history.go(1); return false">demo3b</a><button onclick="history.go(1)">demo3c</button><button id="demo3d">demo3d</button>
ボタン④のJavaScript

<script>
document.getElementById('demo3d').addEventListener('click',function(){
history.go(1);
},false);
</script>
4. history.forward(1)
HTML
<a href="javascript: history.forward(1)">demo4a</a><a href="javascript:void(0)" onclick="history.forward(1); return false">demo4b</a><button onclick="history.forward(1)">demo4c</button><button id="demo4d">demo4d</button>
ボタン④のJavaScript

<script>
document.getElementById('demo4d').addEventListener('click',function(){
history.forward(1);
},false);
</script>
Result

サンプルデモはこちら

history.back()で前のページにもどります。history.back(-2)で前の前のページにもどります。


関連リンク

JavaScriptで親階層にもどるボタン

  • JavaScript 戻るボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加