menu
menu

キーワード検索

 

前月(5月)の人気記事トップ10 - 6/3/2019

  1. ( 3 ↑) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 1 ↓) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  3. ( 2 ↓) 【iPhone・iPad】iPhoneのメモリを簡単に解放する方法
  4. ( 4 - ) 【CSS】スマホ対応CSSだけでドロップダウンメニュー
  5. ( 8 ↑) 【Mac】Finderにフォルダのフルパスを表示させる方法
  6. (圏外↑) 【制作Tips】画面解像度一覧表
  7. ( 10 ↑) 【制作Tips】iPad画面解像度まとめ
  8. (圏外↑) 【jQuery】入門2. jQueryをHTMLに組み込む
  9. ( 9 - ) 【WiMAX】HUAWEI W04 気づくとWi-Fiの接続が切れてる
  10. ( 6 ↓) 【決定版】フォントの設定はこれで決まり❗️
このエントリーをはてなブックマークに追加

【WordPress5】新しいエディターが使いづらいのでクラシックエディターのプラグインを入れてなんとかする

【WordPress5】新しいエディターが使いづらいのでクラシックエディターのプラグインを入れてなんとかする

こんにちは(・∀・)

先程の投稿【WordPress5】新しくなったエディターのビジュアルエディターをコードエディターに設定変更するで、ビジュアルエディターからコードエディターへ変更する方法をご紹介しました。

しかし、使い辛いのは変わりません。

しょうがないので慣れるまでは元のクラシックエディターに戻します。

Classic Editor

プラグインの画面から「新規追加」をクリック。

プラグインを追加の画面に「Classic Editor」があれば「今すぐインストール」ボタンをクリック。無ければ検索してください。

【WordPress5】新しいエディターが使いづらいのでクラシックエディターのプラグインを入れてなんとかする

「有効化」をクリック。

【WordPress5】新しいエディターが使いづらいのでクラシックエディターのプラグインを入れてなんとかする

ボタンが「有効」になれば元のクラシックエディターが使えるようになります。

【WordPress5】新しいエディターが使いづらいのでクラシックエディターのプラグインを入れてなんとかする


とりあえず新しいエディターに慣れるまではクラシックエディターのプラグインで何とかなりそうです。

  • Classic Editor Gutenberg WordPress5 エディター グーテンベルク
このエントリーをはてなブックマークに追加