menu
menu

キーワード検索

 

9月更新・前月(8月)の人気記事トップ10 - 9/2/2019

  1. ( 1 - ) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2 - ) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  3. (圏外↑) 【2019年度決定版】レスポンシブデザインのブレークポイントはこれで決まり❗️
  4. ( 3 ↓) 【jQuery】jQueryでドロップダウンメニュー
  5. ( 4 ↓) 【iPhone・iPad】iPhoneのメモリを簡単に解放する方法
  6. ( 7 ↑) 【Mac】Finderにフォルダのフルパスを表示させる方法
  7. ( 5 ↓) 【CSS】スマホ対応CSSだけでドロップダウンメニュー
  8. ( 6 ↓) 【Mac】Safariでソースコードを見る方法
  9. ( 8 ↓) 【制作Tips】画面解像度一覧表
  10. (圏外↑) 【jQuery】入門2. jQueryをHTMLに組み込む
このエントリーをはてなブックマークに追加

track【HTML5リファレンス】

track【HTML5リファレンス】

概要

track要素はvideo要素、audio要素の子要素として、動画や音声に字幕などを埋め込むための要素です。

汎用属性

id、class、lang、title、style、dir、tabindex、accesskey、contenteditable、spellcheck、draggable、contextmenu、hiddenの各属性を指定することができます。(汎用属性について)

カテゴリー

なし (カテゴリーについて)

要素の配置

audio要素、video要素の子要素、他のフロー・コンテンツよりも前に配置

要素の内容

空要素

属性名 解説
default トラックを有効にする
default="値は省略可能"
kind トラックの種類
kind="subtitles" (外国語の字幕・初期値)
kind="captions" (音声が利用できない場合の字幕)
kind="descriptions" (動画の内容をテキストで説明)
kind="chapters" (場面ごとのタイトル)
kind="metadata" (スクリプト用データ)
label トラックのタイトル(空白不可)
label="任意のタイトル"
src テキストトラックの指定
src="URL"
srclang テキストトラックの言語
srclang="ja"
サンプル
HTML

<video><track kind="subtitles" src="sample.vtt"></video>
Result

未対応のブラウザではサンプルは表示されません。
  • HTML5
このエントリーをはてなブックマークに追加