menu
menu

キーワード検索

 

前月(10月)の人気記事トップ10

  1. ( 1-) 【CSS Tips】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2-) 【CSS Tips】CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  3. ( 3-) 【HTML5】スマホサイトの作成・基本編
  4. ( 7↑) 【HTML5】HTML5・ページ作成の基本
  5. ( 6↑)【jQuery入門】jQueryで日時を表示
  6. ( 5↓) 【jQuery】表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  7. ( 4↓) 【CSS Tips】CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  8. ( 8-) 【Mac Tips】MacにInkscapeをインストール
  9. ( 9-) 【MySQL】Windows 10にMySQLをインストール
  10. (10-) 【CSS Tips】スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション

style要素【HTMLリファレンス】

  • HTML

style要素

こんにちは(・∀・)

HTMLの要素をご紹介します。今回ご紹介するHTML要素はstyleです。

概要

スタイルシート(CSS)の記述にはいくつかの方法があります。head要素内に直接スタイルシートを定義する方法、各要素に直接指定する方法、link要素を使って外部スタイルシートを指定する方法があります。CSSについての詳細はこちらをご参照ください。

汎用属性

id、class、lang、title、style、dir、tabindex、accesskey、contenteditable、spellcheck、draggable、contextmenu、hiddenの各属性を指定することができます。(汎用属性について)

カテゴリー

メタデータ・コンテンツ (カテゴリーについて)

要素の配置

scoped属性が指定されていない場合はメタデータ・コンテンツが配置できる場所。head要素内のnoscript要素内、scoped属性が指定されている場合はフロー・コンテンツが配置できる場所。*他のフロー・コンテンツより前に配置。

要素の内容

スタイルシート

属性名 解説
type スタイルシートのMIMEタイプを指定します。初期値は「text/css」です。type属性が初期値の場合は省略できます。
type="MIMEタイプ"
media スタイルシートを適用したいメディアを指定します。
media="all"…初期値
media="screen"…パソコン画面
media="print"…プリンタ
media="projection"…プロジェクタ
media="tv"…テレビ画面
media="handheld"…ハンドヘルド端末
media="tty"…固定文字サイズ端末
media="embossed"…点字プリンタ
media="braille"…点字触角端末
media="speech"…音声ブラウザ
scoped いずれかの書式を指定するとstyle要素の親要素の範囲内のみ適用されます。
scoped
scoped="scoped"
scoped=""
head要素内に指定

<html>
<head>
<style>
p {
	color: #ff0000;
	font-size: 1.5em;
}
</style>
</head>
<body>
<p>サンプルテキスト</p>
</body>
</html>
要素に直接指定

<html>
<head></head>>
<body>
<p style="color: #ff0000; font-size: 1.5em;">サンプルテキスト</p>
</body>
</html>
外部スタイルシートを指定

<html>
<head>
<link rel="stylesheet" href="sample.css">
</head>
<body>
<p>サンプルテキスト</p>
</body>
</html>
外部スタイルシート(メディアタイプ)の指定

<html>
<head>
<link rel="stylesheet" href="sample1.css" media="screen, tv">
<link rel="stylesheet" href="sample2.css" media="print">
</head>
<body>
<p>サンプルテキスト</p>
</body>
</html>
固定・優先・代替スタイルシートの指定

<html>
<head>
<link rel="stylesheet" href="sample1.css">
<link rel="stylesheet" href="sample2.css" title="sample2">
<link rel="alternate stylesheet" href="sample3.css" title="sample3">
</head>
<body>
<p>サンプルテキスト</p>
</body>
</html>

関連リンク

HTMLリファレンス

  • カテゴリー:HTML